メニュー

パートナーシップ コレクション

レゼルボワールのコラボレーションは、過去または現在のヒーローと共有された価値観を示しており、それぞれが特定の限定モデルの対象となっています。

パートナーシップ

グレッグ・ルクール

受賞歴をもつ水中写真家・冒険家

ハイドロスフィア "グレッグ・ルクール エディション " 

海の動植物の保護に貢献するグレッグ・ルクールの写真芸術に焦点を当て、その名を冠した限定モデル

レゼルボワールは、ダイバー フォトグラファーのグレッグ・ルクールとパートナーシップを組み、海の動植物の保護に貢献する彼の写真芸術を再現した同名の限定モデルを発表することを光栄に思います。

 

グレッグ・ルクールは、地球を探索し、自然保護に尽力しています。写真を使って海洋世界の美しさを公開し、生態系のはかなさへの認識を高めています。その芸術的資質、比類なき忍耐力、感性で感動的な写真を撮ることにより、その瞬間の感情をとらえているのです。作品は数々の国際的な賞を受賞しています。(国立歴史博物館、GDT、ソニー賞、Montier en Der、Sienaなど)。2016年にはナショナルジオグラフィック社のネイチャーフォトグラファーオブザイヤー、2020年にはUPYロンドン社のアンダーウォーターフォトグラファーオブザイヤーに選ばれています。

 

グレッグ・ルクールは、ダイビングウォッチ「ハイドロスフィア ブロンズ」を選択し、海底を最もよく表すブルーのサンレイダイアルを選びました。また、探検ノートに収められた一連の写真を選び、このモデルの防水の時計ケースと一緒にお届けします。また、サンゴの保護を推進する「コーラルガーデナーズ協会」を通じて、売り上げの一部がサンゴの植え替えに寄付されます。さらに、この限定モデルのご購入者には、グレッグ・ルクールと一緒にイエールのポルトクロス国立公園でダイビングができる特典があります。海底探検家であるグレッグと、海への情熱を分かち合う特別なひとときをお過ごしください。

 

パートナーシップ

レボリューション・ウォッチ・マガジン

International Luxury Media(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)

レボリューションx レゼルボワール ハイドロスフィア ブロンズ “モルディブ・エディション”

"他にはないダイバーズウォッチ、新作ハイドロスフィア ブロンズは、島の楽園の暖かい太陽を思わせる。"

文:Wei Koh(ウェイ・コウ)〈Revolution〉「レゼルボワールと共に限定版の時計を製作するという話が持ち上がった際、私は迷うことなく、ハイドロスフィアをベースとした製品にしたいと申し出ました。そして後になって、私たちの掲げたテーマが完璧なものであったことがわかりました。2021年初頭には、当社初の実店舗がオープンします。店舗の場所は、多くの人の予測に反し、ロンドンやニューヨークやシンガポールといった大都市ではなく、モルディブの首都、マレからスピードボートで50分のところに位置する砂州に開発されたリゾート地です。このリゾートは、当社の提携企業であるポンティアックランドが干拓により開発したもので、3つの島で、それぞれ異なる3つのホテルが稼働し、合計約300棟の水上ヴィラを構成しています。当社では、このダイビングとウォータースポーツのメッカでの店舗のオープンを祝い、レゼルボワールと共に、ハイドロスフィアの極めて特殊なバージョンの時計を製作することに決めました。それは、水平線に沈んでいく太陽を彷彿とさせる時計です。夕方の太陽は、明日また昇り、新しい日をもたらすとことを約束してくれます。この新しい時計は、世界に新しい希望と楽観と繁栄をもたらしてくれる年となるであろう2021年の始まりを象徴する時計となるのです。 

 

ケースの素材にはブロンズを選びましたが、その理由は、ブロンズがかつてベストセラーとなったいくつかのスペシャルエディションウォッチの素材として使用されていたからです。その代表的なものとして、200年前のロシアのトナカイ革を用いたジョージ・クレバリー製のストラップを装備したIWCの36mm径ウォッチ、Mark XIがあります。この時計は150本の限定版でしたが、2019年の発売時には、14分で完売したのを覚えています。モローはこう言います。「しかし、より大きな理由は、ブロンズが古来、武器やオール受け、かんぬき、プロペラなど、海事の必需品の製造に素材として使用されてきたことで、そうした流れはダイバーズウォッチに通じます。また、ハイドロスフィアにブロンズを採用したことで、この時計に、ジュール・ヴェルヌの空想物語から出てきた創作物のような感覚が宿りました。 さらに、この時計が、驚くほど青いモルディブの海で使い込まれることによって、その美しさに磨きがかかるという発想に私たちは惚れ込みました。ブロンズケースは夕日色の文字盤で、中央部からは美しい日差しのような効果が放たれます。また、ベゼルには、完璧な色合いのブラウンセラミックを採用しました。」 

 

このスペシャルエディションには、インデックスにローズゴールドカラーを、ダイアルにサンレイダイアルを採用することで、ハイドロスフィアの通常バージョンとは異なる鮮やかさとリッチさを表現しています。ベゼルにはクリーム色のルミノバを使用するなど、より温かみのあるカラーコードを用いることで趣き深い表情となっています。その結果、より温もりがあり、どこか官能的な、まったく異なる個性を持つ時計が完成しました。ラバーストラップとは別にブロンズ製の取り付け専用ラグが付いたNATOストラップを同梱しています。このストラップは、レボリューションモデルだけの新しいデザインです。 「RESERVOIR × Revolution ハイドロスフィアブロンズ 」は、100本限定での生産となります。また、このモデルには、アラン・ブルドゥーリ氏のオリジナルアート作品のプリントが付属しています。 この作品は、緑豊かなモルディブでの私たちのコラボレーションを物語るものです。モローは、「面白いことに、この時計を見ながら、これを身につけた自分がモルディブにいる姿を想像すると、楽観的な気持ちになるのです。ある意味、この時計は私を未来への希望で満たしてくれるのです」。私は彼の意見に全く同感です。

 

パートナーシップ

マキシム・ソレル

2020-2021年ヴァンデ・グローブ フィニッシャー&セーリングスキッパー

82日14時間30分15秒、数多の困難を経て、スキッパーのマキシム・ソレルは、2021年1月30日に10位で初の世界一周を達成しました。限定モデルの10本のティーフェンメッサー ブロンズ ウォッチは、平均時速13.79ノットで、27,346.91海里の水上をを移動しました。 

2020年11月8日、レゼルボワールは、 2020-2021年 第9回ヴァンデ・グローブ大会に出場するため、スキッパーのマキシム・ソレルとともにIMOCA V and B - Mayenneレーシングボートに乗り込みました。彼が手首につけているのは、 単独・無寄港・無補助の世界一周レースに初参加したことを記念した「ティーフェンメッサー ブロンズ」です。1989年の開催以来、わずか100人の競技者しかゴールすることができなかったこの素晴らしい大会のために、船長は防水ケースに10本の「ティーフェンメッサー ブロンズ」を入れ、「Maxime Sorel」の刻印のある限定版となったのです。82日14時間30分15秒の紆余曲折を経て、マキシム・ソレルは2021年1月30日、10位で初の世界一周を達成しました。彼の船、ひいては10本の時計が入った箱は、平均時速13.79ノットで27,346.91海里の距離を水上で移動したのです。 

 

マキシム・ソレルが驚くべき旅の標石を1つずつ交差させた船によって、10本の時計が世界一周をしたことが証明されています。航海日誌は、彼の決意と大胆さを象徴する、壮大な海洋冒険の物語として記されています。ご購入者には、マキシム・ソレルと一緒にヨーロッパのレーシングボートで半日航海する機会をご提供します(保険料、交通費、宿泊費は除く)。世界的なアスリートと一緒に、他では味わえないセーリングのひとときを体験することができるのです。マキシム・ソレルは、嚢胞性線維症によって生活が一変した方々をあらゆる面からサポートする慈善団体「Vaincre la Mucovisidose」の主要スポンサーの一人です。この協会の活動に対して、時計の売上の一部が寄付され、この活動を支援しています。

パートナーシップ

アトリエ  M.マルソー

パリに「フェザー工房」を設立

腕時計製作において、新境地を開拓し続けるレゼルボワールは、このたび、オンドリの羽根を材料とする最高級の腕時計ストラップを製作しました。パリの工房「アトリエ・ M・マルソー」で “ 羽根細工師 ” のマキシム・ルロワが羽根を編み込んで作る新しいアクセサリーが、成熟した色彩のクインテットを奏でます。

腕時計製作において、新境地を開拓し続けるレゼルボワールは、このたび、オンドリの羽根を材料とする最高級の腕時計ストラップを製作しました。パリの工房「アトリエ・ M・マルソー」で “ 羽根細工師 ” のマキシム・ルロワが羽根を編み込んで作る新しいアクセサリーが、成熟した色彩のクインテットを奏でます。

 

創業者 フランソワ・モローは、自動車とヴィンテージの計測器に情熱を注ぎ、それらの功績を称えて時計製造のメゾンを設立しました。フランスの創造性とスイスメイドを融合させたレゼルボワールの時計は新しい切り口で競い合います。ユニークなデザインは、レトログラードミニッツとジャンピングアワーが、過ぎ行く時間と迫り来る時間の共犯者となり、先鋭的な時間の読み取り方を提供しています。 

 

もう一人の立役者は、マキシム・ルロワ。シャネル、ジバンシィ、ジャンポール・ゴルチエを顧客に持ち、伝統的な羽飾りをアレンジする羽根細工の名手です。オートバイのヘルメットやスタイリッシュなスニーカーなど、新たなジャンルを切り開いています。

 

この2人の偉大なクリエイターの出会いにより、レザーにオンドリの羽根を編み込んだオーダーメイドのウォッチストラップという、前例のない時計製造における新たな一章が誕生しました。適切な羽根の幅を選び、ニュアンスを合わせ、接着剤でヒゲをふさぎ、羽根を対角線上に編み込み、光と影で見事な演出をしています。「ここで教えるようになってからの7年間、私は時計作りの師とたくさん語り合いました。生徒と一緒に動物寓話のイメージで置き時計の文字盤を装飾したこともあります。レゼルボワールとの今回のチャレンジのために開発した手法は、まるで間奏曲のようです。指が持ち上がり、道具が滑走し、私は素材と対話を続けるミュージシャンになるのです。このノウハウがあれば、羽根は控えめな存在でいられます。姿を見られはするものの、忘れ去られるのです。」とマキシム・ルロワはアトリエ・M・マルソーで語ります。

 

フランソワ・モローは、「マキシムは、50年代のオートビアンキのオープンカーのダッシュボードなど、あらゆるところに羽を付けていると言っています!」。彼の美意識の高さには驚くばかりです。というのも、フランスのクリエイションの核心は、「デザイン」なのです。 スイスメイドのレゼルボワールと同じように"

 

レゼルボワールの最高マーケティング責任者であるフランソワ-マリ・ネイセンサスは、コラボレーションを強調し「慎重に選ばれた物の周囲で人と人が出会うことが、フランスのノウハウの促進となるのです。」と述べ、こう続けます。「難題は、羽を編み込んで作ったベルトと、複雑機構を備えたユニークな時計を上手く調和させ、合体させることでした。私たち、2つの新興ラグジュアリーメゾンが、フランスのエレガンスとスイスの精巧さを前面に押し出し、コンテンポラリーなラグジュアリーを実現しています。また、この創造性に富んだプロジェクトは、アトリエ・M・マルソーを舞台にしたクラフトマンシップの長い歴史とレゼルボワールのすべてのウォッチコレクションが呼び起こす現代の力強さを表現するフィルムを誕生させました。」フェザーベルトのカラーには、オールドカーのような気品があります。ティーフェンメッサーのブロンズケースにマッチするヌードカラーから始まり、タンジェリン(オレンジ系)カラー、そして将来的にはロングブリッジのケースに合わせたイングリッシュグリーン、マットブラックが登場します。フェザーのベルトは、テーラード・スーツやスエードのジャケットの上にタータンチェックのコートを纏ったスタイルにも、デニムパンツと厚底靴のスタイルにもマッチします。

 

パートナーシップ

IDECスポーツ カーレースチーム

ヨーロッパ・ル・マン・シリーズ、ル・マン24時間レースの主な出場選手。

レゼルボワールは、2020年、2021年のル・マン24時間レースで、IDECスポーツのLMP2レーシングカーに搭載された24本の限定シリーズを発売しました。

レゼルボワールは、2020年と2021年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)のIDECスポーツの公式ウォッチメーカーであることを誇りに思っています。伝説的な耐久レースであるル・マン24時間レースのLMP2レーシングカーに2020年、2021年バージョンの時計が搭載されました。限定24本のGTツアー "IDEC スポーツ エディション 2021" と "IDEC スポーツ エディション 2020" がマシンのコックピットに設置され、3人のパイロットとともに伝説の24時間レースを戦い抜きました。このフランスの企業間のコラボレーションは、起業家精神を重んじ、成長し続けることに意欲を燃やす男たちの出会いによって実現しました。両社には、共通する3つの価値観が存在します。〈時計作りであれ、不動産であれ、それぞれの事業における大胆な起業家であること〉〈国際的な舞台で成功するという決意〉〈チームを構成するメンバーの熱意が本物であること〉

 

-パトリス・ラファルグ(IDEC創設者兼CEO):「私たちは、 レゼルボワールとIDEC スポーツチームとの新しい冒険を嬉しく思います。このブランドが伝える価値観は、IDEC スポーツの価値観、そして私たちのモータースポーツに対する共通の情熱によく合致しています。
-フランソワ・モロー(レゼルボワール創業者兼CEO) :「私は、レゼルボワールの大胆さ、信頼性、決断力、パフォーマンス、抜きん出たこだわりなど、我々と非常に近い価値観を持つIDECスポーツチームが時計を製作するうえでのパートナーとなったことを、大変誇りに思います。私たちはモータースポーツに対する深い情熱を共有しており、IDECグループとこのようなコラボレーションを展開できることを大変うれしく思っています」と述べています。

 

このように、それぞれの時計はサーキットのコースを走り抜け、この世界的な競技に対するチームの決意と大胆さを象徴しているのです。24名のお客様には、ル・マン24時間耐久レースにご招待し、チームの活躍をご覧いただきました。

失敗か?成功か?

MAKE IT BOLD

アドベンチャーへの情熱

先鋭的な
時間の読み取り方

創造力

スイスメイド

レゼルボワールの最新情報をお届けします。

レゼルボワールの限定イベントや新商品情報をいち早くお届けします。

レゼルボワールのニュースレターに登録することにより、お客様は、弊社がお客様に電子メールを送信すること、および、プライバシーポリシーに記載されているお客様の個人情報の取扱いに同意したものとみなされます。

時計

アクセサリー

時計検索

サービス

ブランド

取扱店舗

ニュース

配送/通貨

お困りですか?

お電話でのお問合せ

店舗検索

よくあるご質問

メールでのお問合せ

メディア・エディトリアル レゼルボワール ウォッチ - ジェットブラック、ライトグレー、スチールグレーのラグジュアリータイムピース

時計

メディア掲載記事 レゼルボワール ダークチャコール、ライトグレー、ミディアムグレーの色合いの時計。

自動車

ヴィジュアル・モントレAirfight

航空機

メディアラグジュアリー レゼルボワール ライトグレー、ダークグレー、ダークブラウンを基調とした腕時計。

マリン

メディア レゼルボワール ダークオリーブグリーン、ライトグレー、ライトミントグリーンのラグジュアリーカラーのエディトリアル。

ミュージック

リザーバー・コレクション

Comics by RESERVOIR

ダークオリーブ・グリーン、ライトベージュ、ライトブルー・グレーのラグジュアリーウォッチ レゼルボワール 時計編集メディア。

パートナーシップ

こちらもご覧ください

アクセサリー

ロングブリッジ ヴィンテージ カーウォッチ、ジェットブラック、ライトグレー、ティールブルーのレザーストラップ

ストラップ

メディア掲載記事 レゼルボワール 漆黒とライトグレイがかったベージュにライトグレイのアクセントが効いた時計。

ウォッチワインダー

自動車

メディア レゼルボワール ダークオリーブグリーン、ライトベージュ、ライトグレーを基調としたラグジュアリーなエディトリアルの腕時計。

GTツアー

ヴィンテージ ライトグレー、ダークブラック、ダークレッドの回転計と時計を備えた高級車。

スーパーチャージド

ライトベージュ、ダークブラック、ダークグレーブルーのコントラストが美しい英国のミニカー ロングブリッジ

ロングブリッジ

ポルシェ 356スピードスター とライトグレー、ダークブラック、ミディアムブラックの腕時計

カニスター

WWⅡ バトルフィールド シーン:車に乗ったGI、ダーク・オリーブ・グリーンとライト・グレー・ブラウンの腕時計。

バトルフィールド

ビデオギャラリー - 390 Fastback_Heroes (1)

390 FASTBACK

コレクション詳細

こちらもご覧ください

航空機

エアファイト ダークブラック、ライトグレー、ミディアムグレーのジェットウォッチ

エアファイト

黒・ライトベージュ、ライトグレーの腕時計を着用し、複葉機に乗る革衣の第1次世界大戦パイロット。

ブラック スパロウ

コレクション詳細

こちらもご覧ください

マリン

ダークネイビーとライトグレーブルーのマノメーターを備えた、ラグジュアリーなダイバーズウォッチ。

ハイドロスフィア

ティーフェンメッサー ライトベージュ、ダークブラック、ダークラストブラウンのラグジュアリーなサブマリンウォッチ。

ティーフェンメッサー

コレクション詳細

こちらもご覧ください

ミュージック

ラグジュアリー レゼルボワール 漆黒、ライトグレー、ダークグレイッシュブルーを基調としたウォッチメディアのエディトリアル。

ソノマスター クロノグラフ

コレクション詳細

こちらもご覧ください

Comics by RESERVOIR

ブラック、ライトグレー、ライトブルー・グレーで描かれたブレイクとモーティマーのコミックス。

ブラック&モーティマー

ポパイ

コレクション詳細

こちらもご覧ください

パートナーシップ

コレクション詳細

こちらもご覧ください

GTツアー

こちらもご覧ください

スーパーチャージド

こちらもご覧ください

ロングブリッジ

こちらもご覧ください

カニスター 

こちらもご覧ください

バトルフィールド

こちらもご覧ください

390ファストバック

こちらもご覧ください

エアファイト

こちらもご覧ください

ブラック スパロウ

こちらもご覧ください

ハイドロスフィア

こちらもご覧ください

ティーフェンメッサー

こちらもご覧ください

ソノマスター クロノグラフ

こちらもご覧ください

ブレイク & モルティマー

こちらもご覧ください

ポパイ

こちらもご覧ください

アッブラ・ルトフィ

こちらもご覧ください

配送先の国と通貨
  • モーリシャス / USD ($)
  • ニジェール / USD ($)
  • セネガル / USD ($)
  • 南アフリカ共和国 / USD ($)
  • オーストリア / ユーロ (€)
  • ベルギー / EUR (ユーロ)
  • ブルガリア / ユーロ (€)
  • スイス / スイスフラン (CHF)
  • キプロス / EUR (€)
  • チェコ共和国 / ユーロ (€)
  • ドイツ / EUR (ユーロ)
  • デンマーク / ユーロ (€)
  • エストニア / ユーロ (€)
  • スペイン / EUR (ユーロ)
  • フィンランド / EUR (€)
  • フランス / EUR (ユーロ)
  • イギリス(UK)/GBP(ポンド)
  • ギリシャ / ユーロ (€)
  • クロアチア / EUR (€)
  • ハンガリー / ユーロ (€)
  • アイルランド/ユーロ (€)
  • イタリア / EUR (ユーロ)
  • リトアニア / ユーロ (€)
  • ルクセンブルク / EUR (€)
  • モナコ / ユーロ (€)
  • マルタ共和国/ユーロ (€)
  • オランダ / ユーロ (€)
  • ノルウェー / ユーロ (€)
  • ポーランド / ユーロ (€)
  • ポルトガル / ユーロ (€)
  • ルーマニア / ユーロ (€)
  • スウェーデン / ユーロ (€)
  • スロベニア / ユーロ (€)
  • スロバキア / ユーロ (€)
  • トルコ / USD ($)
  • 香港 / USD ($)
  • インドネシア / USD ($)
  • インド / USD ($)
  • 日本/JPY (円)
  • 韓国 / USD (ドル)
  • マレーシア / USD ($)
  • フィリピン / USD ($)
  • シンガポール / USD ($)
  • 台湾 / USD ($)
  • カナダ / USD ($)
  • ドミニカ共和国 / USD ($)
  • メキシコ / USD ($)
  • パナマ / USD ($)
  • 米国(US) / USD (ドル)
  • オーストラリア / USD ($)
  • ニュージーランド / USD ($)
  • アラブ首長国連邦 / USD ($)
  • バーレーン / USD ($)
  • クウェート / USD ($)
  • レバノン / USD ($)
  • オマーン / USD ($)
  • サウジアラビア / USD ($)