Accueil » サービス » メンテナンス

Entretien Reservoir Watch

防水性について

RESERVOIRの防水性は、5気圧になります。 リューズは必ずねじ込み、ロックした状態でご使用ください。 時計内部(ガラス内部)に曇りや水滴がついた状態は、防水が効いていません。なるべく早くRESERVOIRサービスセンターへご連絡いただき、修理することをお勧めします。

ケースについて

時計本体に指紋や汚れが付いた場合は、柔らかいマイクロファイバークロスで拭き取ってください。 また汗や海水が付着した場合は、クロスに真水を含ませて塩分を取り除いた後、乾いたクロスで綺麗に拭き取ってください。

ムーブメントについて

時計を守るため、次の環境でのご使用は避けてください。
・極端な温度(60度以上や、0度以下)
・水へ漬ける、湿度の高い環境(プール、温泉、熱いシャワー、サウナなど)
・強い衝撃を加える(テニス、ゴルフ、サーフィンなどスポーツ中のご使用)
※時計の故障が生じても、いかなる損害についても当社は一切の責任をおいかねます。

磁気帯びについて

磁場は、携帯電話、コンピュータ、テレビ、冷蔵庫、他の電子機器など様々な場所に存在します。
磁気を帯びると、突然あなたの時計の精度は狂います。もし磁気を帯びた場合、レゼルボワールサービスセンターにお出しください。修理専門スタッフがあなたの時計を診断し、必要なら磁気抜きの作業を行います。

ブロンズについて

ブロンズ(青銅)は、銅を含む金属の混合物です。空気中にさらすだけで、青銅はもちろん酸化します。
従いまして、ご購入頂きましたブロンズ ウォッチは、時間の経過とともに、ユニークで個性的に変色(緑青)していきます。しかし我々は、ご所有のブロンズ ウォッチは、研磨することなく経年変化をお楽しみ頂くことをお勧め致します。

PVD加工について

RESERVOIRのいくつかのモデルでは、ケース本体やフォールディングバックルの316L SS素材部分に、PVD加工(物理蒸着法:高い耐性で金属を色付け、コーティングするための表面処理方法)を施しています。 衝撃が加わる、深く傷つける、永くのご愛用で摩擦が加わるなどの場合、PVDの下地のSS素材が現れる場合があります。 ※PVDの外装部分については、保証の対象外とさせていただきます。

Maintenance tips and advice Reservoir Watch

レザーストラップについて

レザーストラップは、美しさとしなやかさを保つために、こまめなお手入れが必要です。 お手入れの際は、時計本体から外していただき、柔らかい布やマイクロファイバークロスで優しく磨いてください。 水・汗の付着、湿気、酸性溶液、その他製品の寿命に影響を及ぼすものから保護するよう、ご注意ください。

オンラインで購入する
時計を選ぶ

送料無料

安全な決済

返品も簡単

国際保証

店舗で購入する
販売店を探す ショールームパリ

お気軽にお試しください

お気軽にご相談ください