Accueil » サービス » 技術説明書

Maintenance tips and advice Reservoir Watch

ねじ込みされたポジション

時計が稼働する際のリューズの位置。リューズがねじ込まれた状態で、時計の防水性が保証されます。リューズをご使用になられた後は毎回必ず、ケースへ完全にねじ込まれているかご確認ください。

時刻の設定方法

時刻設定は秒針を使用します。分針をジャンプさせるためにリューズを上方へ回転しつつ、必要なだけ時表示ディスクをジャンプさせます。分針は時計回りおよび逆時計回りに調節可能ですが、以下の調整範囲を遵守するよう心がけてください: ・分針が40分から60分(GT Tourモデルは4から6まで)の間に位置する場合、逆回転調整は25分まで可能。このポジションを越えると、時表示ディスクがジャンプしますので、分針の逆回転調整はブロックされます。その際、分針を時計回りに調節することだけができ、時表示ディスクは中央位置に戻ります。 ・分針が0に位置する場合に反時計回りの設定を行うと、時計のメカニズムを保護するために、歯車との接続が自動的に解除されます。分針は10の位置にジャンプし、その後0の位置に戻ります。分針の接続が解除されているので、反時計回りの調節を行っても空回りし、メカニズムを傷つける恐れはありません。 ・分針をムーブメントに再び接続するには、下方へリューズを回転させます。分針は10の位置にジャンプし、その後0の位置に戻ります。この工程を経て、両方向の時刻設定が可能となります。

手動での巻き上げ方法について

時計が止まっている際、6時側のパワーリザーブの針は、左側0の目盛りを差しています。
リューズを向こう側へ指で巻いていただくと、主ぜんまいが巻き上げられ、時計が動き始めます。
時計を腕に着けて運動を加えられると、ローターの回転によりパワーが蓄えられます。同時に、パワーリザーブインディケーターの目盛りが右側に動いていきます。
パワーリザーブインディケーターの左側ゾーンの目盛りは、パワーが使い果たされたことを示します。
その際には、手動で補助的に巻き上げを行ってください。
ご注意:ティーフェンメッサーモデルのパワーリザーブインディケーターは、6時側の丸くくり抜かれた印にて表示されます。パワーが充分に蓄積されると赤又は黄色が5つ表示され、パワーが無くなると文字盤と同色に表示されます。

パワーリザーブインディケーター

パワーリザーブインディケーター針は、パワーが蓄積されると右方向に動いていきます。
時計を腕に着けられている時には、ローターの回転によりゼンマイが巻き上げられます。
パワーリザーブインディケーター針を読み取ることで、巻き上げの残量が分かります。パワーリザーブインディケーター針が左側ゾーンを示すと、パワーが使い果たされることを示し、その際には、手動で補助的に巻き上げを行ってください。このゾーンでは、時計の精度を失う可能性がございます。
レゼルボワールウォッチの、持続時間は約35時間動き続けます。

日付の変更方法

(デイト表示付きモデルのみ)
リューズを1段階引いたポジションで、リューズを向こう側へ回すことで日付を修正することができます。
もし、手前側へ回しても日付は変わりません。
ムーブメントを保護する為、日付の自動変更は、レトログラード分針が、午後11:59から午前0:00に戻った際には変わりません。
日付は、午前12時〜午前1時の間に変更されます。

Maintenance tips and advice Reservoir Watch

ベルトの交換方法

布製の付け替え用ストラップが付属されています。 ストラップの交換は付属のバネ棒で簡単に付け替えることが可能です。次の手順に従って、交換してください: ・まず、時計の裏側を上向きにしてください。 ・バネ棒の突起を爪で、端からストラップ中央へ押し、ゆっくりと慎重にストラップを外してください。 ・同じ要領で、布製ストラップ用のバネ棒を挿入します。ストラップをそっと引き、バネ棒がきちんとかみ合っているか確認します。 ・バネ棒とケースの間にストラップを挿入します。

取扱説明書をダウンロード。

注文
時計を選ぶ

送料無料

安全な決済

返品でも簡単

国際保証

ウォッチを試す
小売業者 ショールームパリ

コミットメント試行なし

エキスパートとの出会いのよう