ティーフェンメッサー

氷の静寂の中でソナーからビシッと鋭い機械音が脈打った

潜水が差し迫っています。潜水艦は静かに大海原の底知れぬ深みに飲み込まれていきます。何も痕跡を残さずに海面から姿を消し、熱と湿気に満ちた世界へと向かいます。氷の静寂の中でソナーからビシッと鋭い機械音が脈打つと、ディーゼルエンジンの臭いが空気を満たします。熱気でエンジン区画は息苦しくなり、騒音で何も聞こえません。伝説ティーフェンメッサーの全ては、金属と圧力、精密さです。それは配管、リベット打ちされた鉄板、チューブ。居住区域では、慌ただしい船員らを横目に、艦長がただ一人、異なる時の流れの中にいます。外の世界に触れることのできるのは、潜望鏡を覗く艦長だけなのです。

ティーフェンメッサーコレクションは、潜水艦の設備をはっきりと特徴づける素材にインスピレーションを受けています。それは圧力と水深を測る計器のスチール、潜望鏡のブロンズとブラスで、これらはみなティーフェンメッサーモデルの独自性の証となっています。
3種類のティーフェンメッサーモデルは、ホワイトまたはブラックの文字盤、ブルースチールのハンド、工業スタイルのブラックとブルーの指針マーク、年季の入ったレザーのストラップ、そして時間表示の小窓ひとつを備えています。パワーリザーブは、赤または黄色をバックとした機械式計器の形で表示されます。3つの潜水モデルは、50メートル防水です。

注文
時計を選ぶ

送料無料

安全な決済

返品でも簡単

国際保証

ウォッチを試す
小売業者 ショールームパリ

コミットメント試行なし

エキスパートとの出会いのよう